鋳造シミュレーション

品質の安定した鋳造品を効率よく作る為には


     

    良い鋳型
    溶湯を速く、乱れなく充填
    押湯方向に指向性凝固させることが必要です。

従来の実験的・経験的手法による蓄積技術を基にした方案に加え、
コンピュータを用いた湯流れ・凝固解析により
鋳造方案の最適化を図ることで、
鋳造欠陥の発生を最小に留める事ができると考えています。

解析結果を元に、製品品質を安定させる
最適な製品形状を提案することも可能です。

シミュレーション

砂型の中で起こっていて、
誰も見ることができない現象を、
シミュレーションにより可視化し
分析することができます。

解析の種類内容何が見れるのか
①湯流解析溶湯がどう流れるのかを解析 a. 湯流れパターン
b. 空気巻き込み量、うず度
c. 流速
d. 温度変化
e. 充填時間
②凝固解析
どこから固まるのかを解析
a.凝固パターン
b.温度変化   
③欠陥解析ポロシティの発生を解析 a. ポロシティ量
(内部欠陥、外引け、ブローホール)
b. 機械的強度予測
(硬度、引張強さ、耐力、伸び、黒鉛粒数)
④応力解析
凝固による残留応力の解析a.残留応力
b.変形量
欠陥解析
解析可能材質鋳鉄(FC、FCV、FCD)
鋳型種類砂型、金型、シェルスタック、シェル中子
(冷し金、発熱スリーブ)
鋳造法 砂型重力鋳造、シェルモールド、金型鋳造

【受託解析(お見積り)に必要な情報は】

①製品形状と方案形状
(2D図面、2Dデーター、3Dデーターどちらでも可)
(紙,PDF,DXF,DWG,IGESなど)
②鋳物材質(FC、FCV、FCD)
③鋳型種類(生型、自硬性型、シェル鋳型、金型など)
④鋳造条件の提示(鋳込み温度、鋳込み時間)


【解析結果報告書作成】

解析結果をパワーポイント形式にて納品いたします。
湯流れ充填や凝固進行はアニメーションで見ることができます。
弊社での解析ノウハウにより鋳造欠陥発生部位を予測させて頂きます。



【最適方案のご提案】

弊社ノウハウにて最適な鋳造方案を提案することもできます。
(別途料金)

 (ご発注より解析結果報告書の送付までは、約10~15日間必要です。)

 (お見積り、ご相談はお気軽にお申しつけください。)