製造能力・お見積り

【製造可能材質は?】

【社内生産】は ダクタイル鋳鉄(FCD)、CV鋳鉄(FCV)、普通鋳鉄(FC) が可能です。 引け巣の少ないダクタイル鋳鉄に自信があります。

銅鋳物、アルミ品、鋳鋼品、製缶品、など鋳鉄以外の様々な材質についてもご相談ください。 弊社【協力工場】にて生産可能です。

【後加工もお引き受けできます。】

機械加工、熱処理、メッキ、カチオン塗装、錆止め塗装、バフ研磨、簡単な組み立て、梱包など、あらゆる後工程を一挙にお引き受けします。部品の完成品として納品できます。お客様での工数削減にご利用ください。

【燕三条】という地区は様々な金属加工業が集中する全国でも特殊な地域になります。

【可能製品サイズは?】

弊社造型機は現在新東工業のFBOⅡ(2019年8月にFBOXに更新予定)で砂型サイズは縦520mm×横420mm×高さ(150mm+150mm)です。その中に収まるサイズで生産可能です。

弊社造型に入らないサイズのものも、弊社内手込め自硬性ラインや協力工場にて対応可能です。お気軽にご相談ください。

【可能重量は?】

社内造型機では製品で0.5kg~20kgが対応可能です。

それより軽いものも、重量のあるものも協力工場にて対応可能です。

【対応ロットは?】

弊社は多品種、小ロット品対応に力を入れています。最小ロットは1個~数百個でご対応可能です。

【型費とは?】

鋳物をつくるためには模型が必ず必要になります。発注ロットや製品形状および製品サイズなどによって費用も変わります。また耐久性の違いで木型、簡易樹脂型、人工木材型、エポキシ樹脂型、アルミ型、鉄型と材質によっても価格がかわります。中子と呼ばれる砂の部品を作成するための模型も必要な場合があり、手込め中子にするか、シェル中子(金型)にするかでも費用が違ってきます。お見積り時にも詳しくご説明いたします。

【コストダウンのご提案】

製缶品や板金などで作成の部品や鍛造部品を鋳物にすることで、大幅にコストダウンできる場合があります。複数部品を一体の鋳物にできることがメリットを生みます。鋳物化した場合の形状をご提案し、お客様のコストダウンに貢献いたします。(鋳物化実績多数あります。)

【納期カイゼンおまかせください】

いただいた受注に対し、システム上で最適なリードタイムを設定してありますので、受注した時点でもし遅れそうな場合、すぐにお客様へフィードバックすることが可能です。納期直前になって遅れる連絡をもらっても、計画変更が難しいと思いますが、前もってのご連絡でお客様へのご迷惑を最小限にとどめます。場合に応じて最短納期でのご対応も可能です。お気軽にご相談ください。


お見積りのご依頼は、以下よりお問い合わせください。
メールでのお問い合わせについては、後ほど当社担当者より、折り返しご連絡を差し上げます。

◎お見積りご依頼

貴社名・お名前必須
メールアドレス必須
材質
ロット数量
備考

 図面などの添付が必要な場合はこちらから。

◎電話でのお問い合わせ

Tel:0256-45-3155
月曜日〜金曜日(弊社カレンダー)
(年末年始など弊社休業日を除く)

8:30〜12:00/13:00〜17:00