鋳物のつくりかた

鋳物ってどうやって作るの?

①鋳物形状の決定

お客様との打ち合わせにより、いただいた図面などから最適な鋳物形状を決定します。

鋳物設計,鋳物化提案
鋳物部品設計(お客様) →  図面作成  ←  鋳物化提案      

②鋳造方案を設計

良品をつくり続けるために、湯道、押湯、堰、材質、各種作業などを決定します。

③模型作成

これから作りたい形を有した、木型、樹脂型、アルミ、鉄などロット、寸法精度に応じた模型材質の「型」を作成します。

模型作成
模型作成(木型・樹脂型・アルミ型・金型)

④砂混練・造型

砂にベントナイト(粘土)と水を加え混練、造型機と呼ばれる機械で造型、出来上がった鋳型(砂型)は作りたい形と同じ「隙間」(空間)ができた型となっています。

砂混練,造型
砂混練 → 自動造型機 → 鋳型(砂型)

⑤溶解

鉄スクラップ、銑鉄を高周波誘導炉で溶かし、目標の成分へと調整します。鋳物が溶ける温度は1150℃ですが、およそ1500℃以上へと一旦、温度を上げます。すると、あの硬い鉄が水よりさらさらの状態に。

溶解
鉄材料 → 電気炉で溶解

⑥ 注湯

④で作った鋳型へ、⑤で溶かした鉄を流し込みます。自動注湯機と呼ばれる機械によって、静かに早く一定量の溶湯が注ぎ込まれます。

注湯
自動注湯機

⑦凝固

砂型の中で、1150℃で凝固。さらに約1時間程度砂型内で冷えていき、400℃以下になった状態でバラシ。砂型の砂はライン途中で回収され再利用します。

解枠
振動機上へバラシ(砂の中から生まれる瞬間)

⑧鋳出・ショット・仕上

搬送中に冷えて出てきた鋳物を製品とそうでない部分に分離し、ショットブラストで表面についた砂を落とします。その後、自動バリ取機でバリ取りを実施、全数検査をして鋳物素材が完成します。

ショット,バリ取り,検査
ショットブラスト → バリンダー(バリ取り) → 鋳物完成